インプラント

implant

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、例えるならば「乳歯」「永久歯」につぐ
「第3の歯」として、全世界で行われている治療です。

今までは、虫歯や歯周病、外傷などで失ってしまった永久歯のスペースを埋める方法は 「義歯(入れ歯)」か「ブリッジ」しかありませんでした。
しかし、現在では、身体に安全で、しかも骨と強固に結合する「チタン」金属の存在により、 失ってしまった永久歯の代わりにチタンのスクリューを顎に埋め込み、歯を再び復活させることができるようになりました。

インプラントとはどのように治療するの?

インプラント治療とは、図のように歯を失ってしまった部分の歯ぐき(骨)にチタン製のスクリューを埋め込み、その上に、人工の歯を装着します。
インプラント本体を、約3~6ヶ月間顎の骨の中に埋めておくと、チタンと顎の骨は強固に結合します。このことを、「オステオ・インテグレーション」といいます。
この強固な結合により、しっかりとした噛みあわせを再現できるわけです。

インプラント

歯を失った場合に考えられる治療法

ここでは、通常、歯を失った場合に考えられる治療法について解説したいと思います。
歯を失ってしまった場合の治療法には大きく3種類あります。

・入れ歯 ・義歯(入れ歯) ・インプラント
どの方法においても、 <良い点> と <悪い点> が存在します。
ここでは、各治療における <良い点> <悪い点> を解説していきましょう。

  • 入れ歯(義歯)

    良い点

    • ・ブリッジ治療のように健康な歯を大きく削らなくて済むことです。

    悪い点

    • 天然歯に比べて、噛む力が落ち、硬いものが噛みにくいことです。
      「部分入れ歯」は、食べたものがバネにはさまり不快感や痛みを感じることがあるということに加え、 そのバネが目につきやすいという、審美的に大きな欠点があります。そのうえ発音もしにくくなることがあります。
  • ブリッジ治療

    良い点

    • ・自分の歯と同じような外観を回復することができる
    • ・健康保険が適応されるので、治療費が安い

    悪い点

    • ・健康な歯を削らなければならない。
    • ・両隣の健康な歯を削ることで、歯の神経を取らなければならないこともある。
    • ・支えになる歯に問題がおきると(歯周病など)すべて作り変えが必要となる。
    • ・支えになる歯に負荷がかかるため、長い目で見ると歯の寿命が短くなります。
  • インプラント治療

    良い点

    • ・天然歯のように顎に固定されているので違和感なく噛むことができる。
    • ・隣の歯を削る必要がない。
    • ・顎の骨がやせにくい。
    • ・適切にケアしていれば充分長持ちする。
    • ・自分の歯と同じように見える。

    悪い点

    • ・自由診療になるため、比較的費用がかかる。
    • ・歯を抜くのと同程度の処置が必要です。
    • ・入れ歯やブリッジに比べて治療期間がかかる(短くても4ヶ月はかかる)
    • ・メインテナンスが必ず必要である

インプラント治療の流れ

診断 ~口腔内クリーニング~

インプラント治療に必要な診査を行い、インプラント治療が可能かどうかを診断します。
その後、治療計画を立てていきます。

診断 口腔内クリーニング
  1. 01

    通常のレントゲン写真、3次元撮影が可能なCT撮影での診断

    • 1. レントゲンまたはCT撮影時に必要な装置を作るために、いくつかの歯型を採らせていただきます。
    • 2. 出来上がった装置を口腔内に入れ、レントゲンまたはCT撮影を行います。(当院にて撮影します)
    • 3. 撮影後、CTデータをコンピューター解析しまして、3~4日後には診断結果をお話いたします。 (CT分析・診断費:26,000円)
  2. 02

    歯のクリーニング

    インプラント処置日が決まったら、より清潔な状態でインプラント治療を進めていくために、 処置日の1週間から3日前までに、口腔内のクリーニング(PMTC)を行います。 なお、クリーニングは上顎・下顎の2回に分けて行っていきます。
    (口腔清掃状態が良好な患者様の場合は、クリーニングの行程を省略させていただくこともあります。)

インプラント治療 ~メンテナンス~

  1. 01

    フィクスチャー

    歯の根に相当する、インプラントの部品(フィクスチャー)を、顎の骨の中に埋入する処置を行います。
    局部麻酔を用いて行いますので、安心して処置を受けていただけます

  2. 02

    治癒期間

    この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(2~6ヶ月)

    ※治癒期間は、骨の質などにより個人差があります。

    ※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

  3. 03

    アバットメントの連結

    人工の歯の支台となるインプラントの部品(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
    ※この時、簡単な処置を行う場合もあります。

  4. 04

    人工歯の装着

    インプラントを含めた、お口の中全体の型をお取りします。
    その型にしたがい、人工の歯を作製します。その後アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

  5. 05

    メンテナンス

    インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な健診が必要です。 歯科医・歯科衛生士の指導に従い、正しい歯みがきを心がけてください。(4ヶ月に1度の健診が目安です)

インプラントのことQ&A

  • Q 1
    インプラントの寿命はありますか?
    • A 1
      現在、成功の基準は最低10年だと言われていますが、一生持つ場合も少なくありません。
      長期間、何の問題も無くご使用になっておられる方もいらっしゃいますが、 いい状態を保つにはお口のお手入れと定期的な点検が、何よりも重要です。
      お口の清掃状態が悪いと、インプラントといえども歯槽膿漏(歯周病)と同じような状況となり、 インプラントがダメになってしまう場合もあります。
      お車のお手入れと同じように、適切にエンジンオイル等を交換し、無理をしない運転をしていれば、 現在のお車は長期間にわたり、乗ることができます。
      インプラントも歯科衛生士の指導に従って、日頃から正しいブラッシングを行い、 常にお口を清潔に保つよう心がければ、長期間、噛むことは十分に可能です。
  • Q 2
    インプラント治療を受けられる条件はありますか?誰でも可能ですか?
    • A 2
      顎の骨が完成する18歳~20歳ころから、どなたでも可能です。健康状態によりますが、脳疾患、心臓疾患、糖尿病など、全身疾患のある方、妊娠中のかた、お口の清掃状態が極度に低下されている方は、治療の制限がございます。ご不安な方は、お気軽にご相談ください。
  • Q 3
    治療の期間は、どれくらいかかかりますか?
    • A 3
      骨の状態によりますが、骨とインプラントが一体化するのに、一般的に2~3か月くらいとなります。開始から治療完了までは、3~4か月かかります。治療期間中の通院回数は、全体で7~8回必要となります。骨に問題がある場合は、4~9か月と長期化する場合があります。
  • Q 4
    他の治療でなく、インプラントをお勧めする理由は何ですか?
    • A 4
      最大のポイントは【ものが良く噛めるようになる】ということです。入れ歯が合わない、異物感が強い等、入れ歯に悩んでいる方へおすすめしています。
  • Q 5
    インプラントは身体に害はありませんか?
    • A 5
      チタンという金属でてきていますが、チタンは、体に無害と言われています。腕や足を骨折した際に使われている金属なので、安心いただけます。

医療費控除についてPDF

すみれ歯科・こども歯科クリニック

すみれ歯科・こども歯科クリニック

ららぽーと愛知東郷 3階
(愛知県愛知郡東郷町東郷中央⼟地区画整理事業62街区1・3 3階)
電話番号:0561-39-3355
10:00~14:00、15:30~19:30(最終受付19:00) 
年中無休

Copyright © すみれ歯科・こども歯科クリニック All Rights Reserved.