歯周病治療

periodontal disease

定期検診と歯のクリーニングで
良好な歯周環境の維持を

定期検診と歯のクリーニングで良好な歯周環境の維持を

すみれ歯科では、歯医者さんというのは、痛くなってから通院する場所ではなく、痛くなる前に予防する事、 または、早期に発見する事ができる場所であることを目指しています。

すみれ歯科の歯周病治療への
考え方

歯周病治療は早期の治療開始が肝心です。

自覚症状がないために気が付いていないだけで、実は日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。
すまいる歯科では歯周病になる前に予防する、 【予防歯科】にも力を入れておりますが、すでに歯周病になってしまった方の処置も、 重度なものから軽度なものまで対応しております。私たちは、何より「歯を残す」 ということを大切にしています。

歯周病治療は早期の治療開始が肝心です。

歯周病ってどんな病気?

  • 特徴01. 『あごの骨』が溶ける病気です

    歯は「歯ぐき」ではなく、歯槽骨というあごの骨で支えられています。 歯周病とは、歯周病菌によりこのあごの骨が溶かされてしまう病気です。
    徐々に歯ぐきが下がり、最終的には歯が抜けてしまうのです。しかも、溶けた歯槽骨は元には戻りません。

    歯槽骨
  • 特徴02. 自覚症状がなく進行します

    初期の段階では自覚症状がなく、「歯がグラグラしてきた」「歯磨きをすると出血する」などの自覚症状が出た時点で、歯周病は進行してしまっているのです。

  • 特徴03. 歯を失う原因No.1

    歯を失う原因は、「むし歯」が中心と思われている方が多いのですが、実は歯周病が歯を失う原因となることの方が多いのです。

  • 特徴04. 口臭の原因になります

    口臭は誰にでも存在しますが、治療を必要とするレベルの口臭は、歯周病が原因であることがほとんどです。
    歯周病になると、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」ができてしまいます。
    この歯周ポケットができると、汚れも溜りやすく、口臭の原因となる物質ができやすくなってしまうのです。

    歯周ポケット

歯周病、歯肉炎、歯周炎はどう違うの?PDF

歯周病治療の流れ

  1. 01

    プラーク(歯垢)の付着確認

    プローブと呼ばれる器具を用いて、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」と呼ばれる溝の深さ、 出血の有無・歯のぐらつき方(動揺度)を測り、歯肉炎・歯周病の状態を検査します。
    歯周ポケットの深さが3mm以下であれば、正常または軽度。4~6mmでは中程度。7mm以上は、重度の歯周病を示します。

    歯周病の検査

    プラーク付着検査
    プラーク付着検査

    プラーク(歯垢)
    歯と歯の間や歯と歯茎の境目にプラーク(歯垢)が付着しています。

    動揺度検査
    動揺度検査

    ピンセットで歯を動かしてみて動揺度を調べます。

    歯周ポケットの測定
    歯周ポケットの測定

    ポケットプローブで歯と歯茎の間(歯周ポケット)の深さを測定し、歯周病になっていないか、または歯周病の場合は進行度を調べます。

  2. 02

    治療~ブラッシング指導~

    治療~ブラッシング指導~

    歯周病の治療は、歯のみがき方の指導から始めます。
    正しい歯みがきの仕方を学ぶことによって、毎日の歯みがきで歯周病の原因である病原体(ばい菌)の巣になる プラーク(歯垢)を きちんと取り除けるようにしましょう。

  3. 03

    治療~スケーリング~

    治療~スケーリング~

    スケーリングとは、歯根面から「歯石」を除去する治療です。
    歯科医師や歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用の機器を用いて歯根面から歯石を除去します。 スケーラーには、手動で使う「ハンドスケーラー」や超音波による「超音波スケーラー」などがあります。

  4. 04

    治療~SRP(スケーリング、ルートプレーニング)~

    スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケットの奥深くに こびりついたプラークや歯石を、「キュレット」という器具を用いて除去します。

    歯石除去のイメージ

    歯石除去のイメージ

    治療時間は、1回あたり30~45分ほど。
    これを4~6回ぐらいに分けて行っていきます。

  5. 05

    再評価のための検査を行います。

    ここでもう一度、歯周病の検査を行います。この時は、歯周ポケットを精密に検査し、 異常がなければ、ここで治療はひとまず終了です。

    再評価のための検査を行います

    定期なメンテナンス(1~4か月程度に1度程度の通院)

    メンテナンスでは下記4つの項目を確認しています。
    1.歯ぐきの炎症がないか?
    2.歯垢の付着程度
    3.歯と歯ぐきの間の溝の深さ(歯周ポケット)
    4.プラーク(歯垢)と歯石の除去

    根気がいりますが、健康なお口を目指して一緒に頑張りましょう。

すみれ歯科・こども歯科クリニック

すみれ歯科・こども歯科クリニック

ららぽーと愛知東郷 3階
(愛知県愛知郡東郷町東郷中央⼟地区画整理事業62街区1・3 3階)
電話番号:0561-39-3355
10:00~14:00、15:30~19:30(最終受付19:00) 
年中無休

Copyright © すみれ歯科・こども歯科クリニック All Rights Reserved.